I-SELVES

iQOS・PloomTECH・gloなどの情報を発信しています

iQOS(アイコス)

iQOS(アイコス)の新型と旧型の違いとは?

投稿日:

iQOS(アイコス)には旧型iQOS(アイコス)と新型のiQOS(アイコス)2.4 Plusがあります。新型のiQOS(アイコス)が発売されたことで、新型を買ってみようかなと思った方も多いのではないでしょうか。

では、この両者の違いって一体何なのでしょうか。人によっては旧型を購入した方が良いと言う人もいらっしゃいます。

では、旧型iQOS(アイコス)を購入したほうがいいのか、新型iQOS(アイコス)を購入したほうがいいのか、知りたいとことですよね。

そんな皆さんの疑問をインターネット上の声を元に検証していきます。

iQOS(アイコス)の新型と旧型の違いとは?

まず、旧型iQOS(アイコス)から新型iQOS(アイコス)になったことで、大きく変更となった点を具体的に見てみましょう。
新型iQOS(アイコス)が旧型iQOS(アイコス)から改良されたのは以下の点です。

  • チャージャーのツメ部分が強化された
  • ホルダーの充電時間が20%ほど短縮された
  • LEDが高明度のものに変更
  • お知らせバイブレーター機能が追加された
  • 加熱ブレードが汚れにくくなった、折れにくくなった
  • クリーニングボタンが「再起動ボタン」に変更された

これまで、不満の声が絶えなかった「LED」ですが、屋外でも見えやすいように改良がされています。また、「お知らせバイブレーター機能」が搭載されたことで、iQOS(アイコス)のヒートスティックの吸い終わりがよりわかりやすくなっています。

そして、一番大きな改善点としては「加熱ブレードの改良」です。加熱ブレードはiQOS(アイコス)の故障の中でもかなり頻度が高く、改良が熱望されている部分でした。今回、新型iQOS(アイコス)になったことで、加熱ブレードが汚れにくく、かつ折れにくくなったのはかなり大きな改良と言えるのではないでしょうか。

また、iQOS(アイコス)は新型になったことで、ヒートスティックを吸うことができる時間も改良されているとのことです。

旧型iQOS(アイコス)に比べて新型iQOS(アイコス)のほうが使用時間が長く、1本のヒートスティック(タバコ部分)で吸える回数も多いのです。その点が旧型より新型になることで改善されています。


旧型iQOS(アイコス)に比べて新型iQOS(アイコス)のほうが使用時間が長い理由としては、電気部品の部分がLEDになり消費電力が抑えられ、尚且つホルダーの充電が早くなった(充電効率がよくなった)からです。

他にも、先ほどご紹介したバイブ機能やブレード部分が変化しています。


新型iQOS(アイコス)がLED搭載になったことに関しては、暗いところでも見やすくなったとの意見がある一方で、明るすぎて見づらいという意見も出ています。

個人的には新型iQOS(アイコス)のほうが見やすくなっていて良いと思うのですけれどね。


旧型iQOS(アイコス)と新型iQOS(アイコス)の違いは値段の高騰の仕方にも現れています。はやり新型iQOS(アイコス)のほうが性能が良く、生産もまだまだ少ないので値段の高騰の仕方が凄いです。

旧型iQOS(アイコス)に比べて新型iQOS(アイコス)は(定価ではない販売価格で)3倍ほどのプレミア値段がついています。


旧型iQOS(アイコス)にはついていなかったアルコール綿棒が新型iQOS(アイコス)にはついています。地味に嬉しい特典ですね。

自分でiQOS(アイコス)の掃除をするときにはアルコール綿棒は必須なので。


新型iQOS(アイコス)のチャージャー(充電器)は旧型よりも傷つきやすいので、ちゃんとシリコンケースなどのケースに入れて保護をしてください。

せっかく新型iQOS(アイコス)を手に入れて気持ちが高ぶっているところ、いきなり傷がついたら台無しですからね。


先ほども出ましたが、旧型iQOS(アイコス)よりも新型iQOS(アイコス)のほうが充電速度が早いです。その充電効率は、旧型iQOS(アイコス)に比べて新型iQOS(アイコス)のほうが受電にかかる時間が20%もカットされています。


こちらは余談になりますが、新型iQOS(アイコス)では旧型では使えない専用のiQOS(アイコス)ステッカーが売っています。

デザインのカスタマイズ性が旧型iQOS(アイコス)に比べて新型iQOS(アイコス)のほうが向上しているのです。

iQOS(アイコス)の新型と旧型の違いとは? まとめ

ここまで旧型iQOS(アイコス)と新型iQOS(アイコス)の違いを検証してきました。違いとしては、

  • 新型iQOS(アイコス)のほうが充電速度が速い(充電にかかる時間が旧型iQOS(アイコス)に比べて20%カット)
  • 新型iQOS(アイコス)のほうが1本のヒートスティックから吸える回数が多い
  • 新型iQOS(アイコス)にはLEDが搭載されている(消費電力が抑えられている)
  • 新型iQOS(アイコス)はバイブ機能が変化している
  • 新型iQOS(アイコス)はブレード部分が変化している
  • 新型iQOS(アイコス)にはアルコール綿棒が付属している
  • 新型iQOS(アイコス)には専用のステッカーが売っている
  • 新型iQOS(アイコス)のほうが旧型新型iQOS(アイコス)に比べて値段の高騰が激しい

という違いがあることが分かりました。

以上、皆さん参考にしてみてください。

>>楽天カードの登録でiQOS・PloomeTECH・glo関連グッズを最大8000円引きで購入可能です

>>iQOS・PloomTECHの各カテゴリーの関連記事一覧を見たい方はこちらから

iQOS(アイコス) 関連記事一覧

PloomTECH(プルームテック) 関連記事一覧

※iQOS・PloomTECH・gloの関連商品を記載させて頂きます

【旧型iQOS ホワイト】

吸い心地やニコチンは他の電子タバコよりも強め、タールは90%以上カットされています。新作の2種を含めた6種類のフレーバーがある為幅広い層の方が使える物となっています。味の強弱が揃っている事やミントやパープルメンソールなどの他にない味があるので加熱式電子タバコの王道を行くのであればiQOSがおすすめです

【旧型iQOS ネイビー】

【新型 iQOS 2.4plus ホワイト】

新型iQOSでは充電時間の20%の短縮、LEDライトの導入、加熱ブレードの改良による味の改善や故障の回避など以前のiQOSでユーザーよりここを改良して欲しいと言う部分について改良されている内容となっています

【新型 iQOS 2.4plus ネイビー】

【新型iQOS 2個セット シリアルナンバー未登録品】

iQOSが2個セットになっている事と製品未登録品での出品によりレビュー評価が高くなっています。充電待ち用の2台持ちやプレゼント用にも最適です

【iQOS サファイアブルー】

【iQOS ローズピンク】

【iQOS ボルドーレッド】

【PloomTECH】

iQOSに比べると匂いが完全に無臭である事、ニコチンがそこまできつく無い事やブルーベリー系の味の評判も良いので比較的女性に人気があるのではないかなと思います。また匂いの元を辿るとタール(ヤニ)ですのでタールも大幅にカットされている事が予想出来ます。健康面に気を使っている方にもおすすめです

【glo】

KENTを出しているメーカーの加熱式電子タバコになります。仙台の先行発売となっておりネオスティックが仙台のみの販売となっているのでその点ご注意下さい。味に関してはiQOSと比べても良質でKENTやCOOLのユーザー等からかなりの支持を得ている印象です

【新製品PR C-TEC】

ノンタールノンニコチン、ビタミン入りのリキッドを加熱して吸い込む、フレーバーを楽しむタイプの加熱式電子タバコです。カートリッジタイプなので掃除の手間も無く、今後禁煙したい方や、紙巻きや他の加熱式電子タバコと併用する事でニコチンやタールの量を減らして行きたい方にもおすすめです。健康志向の方や女性の方にもおすすめしたい新製品です

>>C-TECの詳細を見てみる

【人気のiQOS・PloomTECH・glo専用ケースをセレクトしました】

GABRIVELLA iQOSケース

iQOSホルダーを2本持ち歩きたい方におすすめの2本刺しタイプのアイコスケースです。アイコスチャージャー・アイコスホルダー・ヒートスティックと必要な物をコンパクトに収納する事が可能です。アイコスケースの中でも色数が多く機能的で人気のある商品となっています

Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS SILICONE CASE

Fantastick iSuit Case 2nd for iQOS SILICONE CASE

Fantastick Diary Leather for Ploomtech

Fantastick Diary Denim Case for Ploomtech

Fantastick Ring Sleeve for glo

Fantastick Flap Case for glo

-iQOS(アイコス)

Copyright© I-SELVES , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.