I-SELVES

iQOS・PloomTECH・gloなどの情報を発信しています

 

iQOS(アイコス)

iQOS(アイコス)の煙の害、子供への影響は?

投稿日:

新型iQOS2.4PLUS・PloomTECH・gloをすぐに参照したい方はこちらを参考に

スポンサーリンク

依然として大人気のiQOS(アイコス)ですが、煙の害や子供への影響は大丈夫なのでしょうか。間違った知識でiQOS(アイコス)を使用しているのであれば、健康被害に影響するおそれがあるので注意が必要ですね。

iQOS(アイコス)から発せられる煙の害や子供への影響について口コミではさまざまな意見が飛び交っているようです。安全に使用するためには正しい知識が必要ですので、これからiQOS(アイコス)の購入を検討している方に、煙の害や子供への影響についての声をまとめました。

iQOS(アイコス)の煙の害は、子供にも影響がある可能性がある

まず結論から説明をしてしまいますと、いくらiQOS(アイコス)であっても、iQOS(アイコス)の煙の害は子供に影響を与える可能性があります。

なぜならば、iQOS(アイコス)は普通のタバコに比べて90%以上有害物質をカットしていますが、逆に言えば10%は有害物質が残っているわけです。タバコよりは微量とはいえ、有害物質が含まれる以上、子供に影響がないなんて言い切れませんよね。

また、iQOS(アイコス)には有害物質であるタールはほとんど含まれていないとされていますが、ニコチンは普通に含まれています。もちろん、iQOS(アイコス)の出す煙にも副流煙などの害や影響がある可能性があるのです。

ですから、小さなお子さんがいらっしゃったり、自分の子供と同じ部屋で過ごしている場合は、子供の側ではiQOS(アイコス)を吸わない方が良いと言えるでしょう。

また、iQOS(アイコス)のキャップなどは小さな子供の格好の遊び道具になってしまいます。誤飲などの影響も考えられるので、小さなお子さんをお持ちの方は特に! iQOS(アイコス)の子供への影響を考えた方が良いでしょう。

このような事実がある一方で、iQOS(アイコス)ユーザーの方は、iQOS(アイコス)の煙の害、子供への影響をどのように考えているのでしょうか。

iQOS(アイコス)の煙の害、子供への影響についてみんなはどう考えている?

「煙の害による健康被害を考慮して…」「子供への影響を考えてiQOS(アイコス)を使っている」と、実際のユーザーはさまざまな理由でiQOS(アイコス)を使っているようですね。では実際に思うような効果を得られているのでしょうか。子供への影響はないと勘違いしてしまっている人も多いのでは。

現在購入を検討している方のために、iQOS(アイコス)による健康被害や子供への影響への実際の声をまとめました。


お父さんが子供への影響を考慮してiQOS(アイコス)を購入したようですね。有害な煙がほとんど出ないので、自宅でたばこを吸えるから早く帰るとほほえましい♪子供への愛を感じられるでしょう。

ただiQOS(アイコス)はたばこの被害が100%ないのではなく、90%軽減されているということ。よって子供への影響がないからと、目の前で吸うことは軽率かもしれません。


マナーやモラルを重んじてiQOS(アイコス)を使用できたらいいですよね。子供への影響を考えないでiQOS(アイコス)を使うのは、たとえ他人でも不快に感じる方は多いようです。煙が出なくなってたばこへの害は軽減されているだけで、まったく「ない」のではありませんから。


公共の場所でもiQOS(アイコス)を使用するのであれば喫煙所を利用するのがマナーです。煙が出なくても他人への害や子供への影響もしっかり考えて使えたらいいですよね。


タールの影響が軽減されているiQOS(アイコス)ですが、吸った水蒸気にはニコチンが含まれています。お父さんがiQOS(アイコス)を吸った呼気を子供に吹きかけている様子を目撃したようですが、子供への影響を考えると決していいとは言えませんね。煙の害が子供に悪影響を与えてしまう可能性は十分にあり得ます。


正しくiQOS(アイコス)を使っているユーザーもいるようです。健康への害もあるので喫煙場所を守る、子供に影響を与えるから前では使わないのは最低限のルールなのかもしれません。


たばこの煙の害や子供への影響について、iQOS(アイコス)の使い方を否定する声がまたもや聞こえます。正しく使わなければせっかくのiQOS(アイコス)も無意味なのかもしれません。


恐ろしいことにiQOS(アイコス)は菓子なので子供でも吸える、と勘違いしている大人もいるようです。これは驚きです。iQOS(アイコス)が子供に影響がないなんてことはほぼあり得ません。
どのような健康への害があって、子供へ影響を与えるのか、今一度見直していただきたいところでしょう。


iQOS(アイコス)は吐く息は水蒸気でも水100%ではありません。ニコチンが含まれているので、もっと子供への影響や健康への害についての知識がほしいところです。

iQOS(アイコス)の煙の害、子供への影響は?まとめ

たばこの煙の害を大幅に軽減できるのがiQOS(アイコス)の魅力ですが、間違えた知識で使用しているユーザーも少なくないのが現状なのかもしれません。iQOS(アイコス)は煙の害が9割軽減されているだけで、喫煙被害がなくなるのではありません。

たしかにiQOS(アイコス)はガンのような病気の原因であるタールの害を減らせます。しかしただ減らせるのであって、なくせるのではありません。またニコチンは血流を妨げてしまうので、動脈硬化や心筋梗塞など血管系の命に係わる病気の引き金にもなるおそれがあります。

さらにニコチンはたばこ依存を作り出す中毒症状をもたらします。このようにiQOS(アイコス)で軽減させられる健康への害もありますが、すべではないので注意しましょう。これからご購入を検討している方もぜひ正しい知識を持ち、モラルやマナーを守りつつiQOS(アイコス)を楽しんでください。

-iQOS(アイコス)

Copyright© I-SELVES , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.