I-SELVES

iQOS・PloomTECH・gloなどの情報を発信しています

iQOS(アイコス)

iQOS(アイコス)の発ガン性は普通のたばこと比べてあるの?どう?

投稿日:

>>新型iQOS2.4PLUS・PloomTECH・gloをすぐに参照したい方はこちらを参考に

>>iQOS(アイコス)の70%の価格で購入出来る互換製品「iSMOKE」

「iSMOKE」はiQOS(アイコス)の70%の価格で購入する事が出来るiQOS(アイコス)の互換製品です。iQOS(アイコス)とは違い13本迄連続吸いが出来る強力なバッテリーと味を損なう事が無く使えるのが大きな特徴です。また公式サイトでの購入が出来るので1年間間違いなく保証が受けられるのも大きなポイントとなっています。安くクオリティの高いiQOS(アイコス)の代替え製品を探している方におすすめです

>>「iSMOKE」の詳細はこちらから

スポンサードリンク

>>禁煙がなかなか出来ないと言う方には「C-TEC」がおすすめ

「C-TEC」はニコチンやタールを一切使わないタイプの加熱式電子タバコです。7種類のフレーバーが用意されておりタールを一切使っていない為、タールの中に多く含まれる有害物質やタールの嫌な匂いを気にする事なく楽しむ事が可能です。ご家族で過ごされる室内で利用をしたい方や「C-TEC」と紙巻き・iQOS(アイコス)などを併用する事により節煙にも向いていますのでなかなか禁煙を成功させる事が出来ないと言う方はぜひ参考にしてみてください

>>「C-TEC」の詳細はこちらから

スポンサードリンク

>>禁煙がなかなか出来ないと言う方には「C-TEC」がおすすめ

「C-TEC」はニコチンやタールを一切使わないタイプの加熱式電子タバコです。7種類のフレーバーが用意されておりタールを一切使っていない為、タールの中に多く含まれる有害物質やタールの嫌な匂いを気にする事なく楽しむ事が可能です。ご家族で過ごされる室内で利用をしたい方や「C-TEC」と紙巻き・iQOS(アイコス)などを併用する事により節煙にも向いていますのでなかなか禁煙を成功させる事が出来ないと言う方はぜひ参考にしてみてください

>>「C-TEC」の詳細はこちらから


普通のタバコからiQOS(アイコス)に変えるときに気になるのは、iQOS(アイコス)の発ガン性は普通のタバコに比べてどのくらいあるのか、というものがあると思います。

ある時、ニュースで「iQOS(アイコス)の方が普通のタバコよりも10倍発ガン性物質が多く含まれている」などというニュースが流れて話題になりました。ただ、この記事の信憑性は低く、それが本当かどうかは疑わしいものがあります。

せっかく普通のタバコよりもiQOS(アイコス)のほうが身体への影響はマシだからと変えようと思っていても、iQOS(アイコス)の発ガン性物質が普通のタバコと変わらない、むしろそれ以上あるとしたら替える意味が無いですものね。

実際問題、iQOS(アイコス)の発ガン性物質は普通のタバコに比べてどうなのでしょうか。少ないのか。多いのか。同じなのか。

そんな皆さんの疑問をインターネット上の声を元に検証していきます。

iQOS(アイコス)の発ガン性が普通のタバコよりも多いという情報は信憑性に欠ける

まずはじめに、「iQOS(アイコス)の方が普通のタバコよりも発ガン性物質が多い」というニュース自体には、あまり信憑性がないということを知っておいていただければと思います。

iQOS(アイコス)の方がたばこよりも発ガン性物質が多いとニュースになったのは、元はアメリカのタブロイド誌の記事が発端なのですが、その記事には「iQOS(アイコス)の方が普通のたばこよりも多い物質が一部ある」と書かれていました。

しかしそれが発ガン性物質であるとは限りませんし、そもそもその調査自体が信憑性に欠ける調査だったようで、iQOS(アイコス)公式も「もっと調査をしてもらいたい」という抗議ともとれる回答をしています。

ではなぜ、「iQOS(アイコス)の方が普通のタバコよりも発ガン性物質が多い」などとニュースになってしまったかと言いますと、アメリカのタブロイド誌の内容が翻訳される際に、「一部の物質がiQOS(アイコス)の方が多い」という部分が曲解され、面白おかしく騒ぎ立てられてしまったのが一番大きな原因なのです。

ですから、iQOS(アイコス)と普通のタバコを比べて、iQOS(アイコス)の方が発ガン性が高いというのは信憑性に欠ける情報だということです。

ただ、ではiQOS(アイコス)が完全に安全で、発ガン性物質をまったく持っていないかというとそんなことはありません。あくまで「有害物質の9割をカットしている」とされているだけで、発ガン性物質などの有害物質がまったく含まれていないとは、これも言い切れないのです。

こうした現状を頭に入れて、インターネット上の反応を見てみましょう。

iQOS(アイコス)の発ガン性は普通のたばこと比べてあるの?どう?

iQOS(アイコス)の発ガン性物質は普通のタバコに比べてほとんど無いらしい、と言っている人もいらっしゃいます。全くないわけではないようですが、それでも少ないということようです。

しかし、どのくらいiQOS(アイコス)の発ガン性物質があるのかがまだ分かっていないので、おいおい検証していきます。

こちらの方もiQOS(アイコス)には発ガン性物質は含まれているけれど普通のタバコよりも基準値が低いと言っています。発ガン性物質だけでなく、体の健康面に与える悪い影響も少ないとしているようですね。


やはりこちらの方もiQOS(アイコス)には発がん性はあるけれど普通のタバコよりは全然いいと言っています。これだけの方がiQOS(アイコス)は普通のタバコよりも発がん性が少ないと言っているということは「有害物質を9割カットしている」という公式の情報をみなさんが信じているということですね。


何故、iQOS(アイコス)に発ガン性物質が少ないと言われているのかというと、iQOS(アイコス)には発ガン性物質の一種であるタールがほとんど含まれていないことも大きいようです。まったく含まれていないとは言い切れないようですが。

普通のタバコにもiQOS(アイコス)にも共通で含まれているニコチンにはどうやら発ガン性はほとんど無いようです。


これも様々な方が言っていましたが、普通のタバコからiQOS(アイコス)に変えれば発ガン性物質の摂取量は減るのではないかということでした。

では、どのくらいiQOS(アイコス)の発ガン性物質は普通のタバコよりも少ないのでしょうか。引き続き検証していきます。


iQOS(アイコス)の発ガン性物質は普通のタバコに比べて9割も削減されているという情報です。

iQOS(アイコス)の発ガン性のあるものを含めた有害物質(タール)はiQOS(アイコス)の加熱の仕方によって減らしているので、発ガン性物質を9割も削減出来たのだとか。

iQOS(アイコス)には発ガン性物質であるニコチンは含まれているので全く発ガン性が無いわけではありませんが、それでも9割削減されているのであれば上等でしょう。

iQOS(アイコス)の発ガン性物質は普通のタバコの9割削減だとこちらの方も言っています。

9割削減はというと、ほとんど削減されていますね。

巷の噂ではiQOS(アイコス)に慣れると普通のタバコが吸えなくなるとも言われています。普通のタバコのほうが発ガン性物質が多いようなので、吸えなくなるのもプラス材料ですよね。


iQOS(アイコス)は発ガン性物質であるタールを9割カットしているから発がん性が少ない、とこちらの方もおっしゃっています。タールが発ガン性の主な原因なのでしょうね。

煙を出さない分、肺への負担も少ないようです。

iQOS(アイコス)の発ガン性は普通のたばこと比べてあるの?どう? まとめ

ここまでiQOS(アイコス)の発ガン性物質は普通のタバコと比べてあるのかどうかを検証してきました。結果としては、

  • iQOS(アイコス)にも発ガン性はある。しかしiQOS(アイコス)の発ガン性は普通よりタバコの9割削減されている可能性が高い

ということが分かりました。

発ガン性の主な物質はタールで、そのタールが9割削減されていることが大きいようです。

以上、皆さん参考にしてみてください。

>>本格的に禁煙して行きたいと言う方には「C-TEC」がおすすめ

「C-TEC」はニコチンやタールを一切使わないタイプの加熱式電子タバコです。7種類のフレーバーが用意されておりタールを一切使っていない為、タールの中に多く含まれる有害物質やタールの嫌な匂いを気にする事なく楽しむ事が可能です。ご家族で過ごされる室内で利用をしたい方や「C-TEC」と紙巻き・iQOS(アイコス)などを併用する事により節煙にも向いていますのでなかなか禁煙を成功させる事が出来ないと言う方はぜひ参考にしてみてください

>>「C-TEC」の詳細はこちらから

>>iQOS・PloomTECHの各カテゴリーの関連記事一覧を見たい方はこちらから

iQOS(アイコス) 関連記事一覧

PloomTECH(プルームテック) 関連記事一覧

※iQOS・PloomTECH・gloの関連商品を記載させて頂きます

【旧型iQOS ホワイト】

吸い心地やニコチンは他の電子タバコよりも強め、タールは90%以上カットされています。新作の2種を含めた6種類のフレーバーがある為幅広い層の方が使える物となっています。味の強弱が揃っている事やミントやパープルメンソールなどの他にない味があるので加熱式電子タバコの王道を行くのであればiQOSがおすすめです

【旧型iQOS ネイビー】

【新型 iQOS 2.4plus ホワイト】

新型iQOSでは充電時間の20%の短縮、LEDライトの導入、加熱ブレードの改良による味の改善や故障の回避など以前のiQOSでユーザーよりここを改良して欲しいと言う部分について改良されている内容となっています

【新型 iQOS 2.4plus ネイビー】

【新型iQOS 2個セット シリアルナンバー未登録品】

iQOSが2個セットになっている事と製品未登録品での出品によりレビュー評価が高くなっています。充電待ち用の2台持ちやプレゼント用にも最適です

【iQOS サファイアブルー】

【iQOS ローズピンク】

【iQOS ボルドーレッド】

【PloomTECH】

iQOSに比べると匂いが完全に無臭である事、ニコチンがそこまできつく無い事やブルーベリー系の味の評判も良いので比較的女性に人気があるのではないかなと思います。また匂いの元を辿るとタール(ヤニ)ですのでタールも大幅にカットされている事が予想出来ます。健康面に気を使っている方にもおすすめです

【glo】

KENTを出しているメーカーの加熱式電子タバコになります。仙台の先行発売となっておりネオスティックが仙台のみの販売となっているのでその点ご注意下さい。味に関してはiQOSと比べても良質でKENTやCOOLのユーザー等からかなりの支持を得ている印象です

【人気のiQOS・PloomTECH・glo専用ケースをセレクトしました】

GABRIVELLA iQOSケース

iQOSホルダーを2本持ち歩きたい方におすすめの2本刺しタイプのアイコスケースです。アイコスチャージャー・アイコスホルダー・ヒートスティックと必要な物をコンパクトに収納する事が可能です。アイコスケースの中でも色数が多く機能的で人気のある商品となっています

Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS SILICONE CASE

Fantastick iSuit Case 2nd for iQOS SILICONE CASE

Fantastick Diary Leather for Ploomtech

Fantastick Diary Denim Case for Ploomtech

Fantastick Ring Sleeve for glo

Fantastick Flap Case for glo

-iQOS(アイコス)

Copyright© I-SELVES , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.