I-SELVES

iQOS・PloomTECH・gloなどの情報を発信しています

 

iQOS(アイコス)

iQOS(アイコス)の副流煙・赤ちゃんへの影響は?

投稿日:

新型iQOS2.4PLUS・PloomTECH・gloをすぐに参照したい方はこちらを参考に

スポンサーリンク

iQOS(アイコス)などの電子タバコは、紙タバコに比べて健康への害が少ないことで知られています。禁煙のために紙タバコからiQOS(アイコス)に変えたという方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、iQOS(アイコス)などの電子タバコは健康被害が少ないことで知られていますが、副流煙などの問題は本当にないのでしょうか。また、小さいお子さんや赤ちゃんへの影響は本当にないのでしょうか。調べてみましょう。

iQOS(アイコス)の副流煙・赤ちゃんへの影響は?

iQOS(アイコス)は電子タバコで、紙を燃やして煙を吸うわけではありません。タバコ葉を加熱してそれを水蒸気を通して吸うのがiQOS(アイコス)です。ですから、健康への被害は少ないとされています。しかし、副流煙などの問題は本当にないのでしょうか。

iQOS(アイコス)の健康への影響について

副流煙や赤ちゃんへの影響を考える前に、そもそもiQOS(アイコス)の健康への影響について考えてみましょう。

iQOS(アイコス)の健康への影響について、iQOS(アイコス)公式は「有害物質の90%をカットしている」と表明しています。先ほどもご説明した通り、iQOS(アイコス)はタバコ葉を燃やすのではなく加熱してそれを水蒸気で吸うだけなので、健康への影響は少ないとされています。

タバコの有害物質の大半は「タール」と呼ばれるもので、タールはなにかを燃やしたときに発生するので、加熱式電子タバコではタールが発生しません。ですから、iQOS(アイコス)は健康被害が少ないとされているのです。

こちらの方がおっしゃる通り、iQOS(アイコス)はタールがないですが、ニコチンは含まれています。ニコチンは有害物質の一つです。つまり、iQOS(アイコス)と言えども健康への被害はゼロではないのです。

それにそもそも、公式の見解にしても、90%有害物質をカットしているということは、10%は有害物質が残っているということになります。つまり、iQOS(アイコス)でも健康被害はないとは決して言えないわけです。

iQOS(アイコス)の副流煙は安全ではない

ここまでの説明通り、iQOS(アイコス)における健康への被害はゼロではありません。確かに害は少ないと言えますが、まったくないわけではないのです。
そして、それはつまり副流煙の被害もあり得るということです。もちろん、紙タバコよりは影響が少ないのは間違いありません。

しかしiQOS(アイコス)の副流煙の中にもニコチンなどの有害物質が含まれている可能性が高いのです。iQOS(アイコス)は電子タバコだから大丈夫だろうと副流煙を気にせず使用するのはマナー違反ですのでやめましょう。


また、iQOS(アイコス)はその匂いもかなり特徴的だと言われており、副流煙における匂いに過敏に反応する非喫煙者の方もいらっしゃいます。ですから、iQOS(アイコス)の副流煙についても注意が必要なのです。

iQOS(アイコス)の副流煙は赤ちゃんへの影響も考えられる

以上のことから総合すると、iQOS(アイコス)の副流煙は、赤ちゃんへの影響もあり得るということになります。お子さんが生まれたので、紙タバコからiQOS(アイコス)に変えたとおっしゃる方がたまにいらっしゃいますが、紙タバコよりも影響は少ないとしてもiQOS(アイコス)でも副流煙の影響は少なからず発生すると考えられますので、あまり適切な判断とは言えないでしょう。

このように、非喫煙者の方からすると、iQOS(アイコス)であろうと紙タバコであろうと、違いはありません。むしろ、iQOS(アイコス)の方がおかしな匂いがして嫌だとおっしゃる方もいらっしゃるくらいです。

ましてや、新生児や赤ちゃんは体の免疫もきちんと発達しておらず、健康被害を受けやすい体をしています。ですから、iQOS(アイコス)であろうと周りの方々が過敏に反応してしまうのは当たり前のことです。
iQOS(アイコス)の副流煙が無害という確証はない以上、赤ちゃんの前でもiQOS(アイコス)を吸うのは控えた方が良いでしょう。

iQOS(アイコス)の副流煙・赤ちゃんへの影響は?まとめ

iQOS(アイコス)の副流煙の影響、そして赤ちゃんへの影響を調べてみました。iQOS(アイコス)は、普通の紙タバコに比べて健康への害が少ないとされています。iQOS(アイコス)公式も90%の有害物質をカットしているとしています。

しかし、それはあくまで「健康被害が少ない」というだけであって、まったく健康への影響がないということは明言されていませんし、確証も得られないのです。

そもそも10%の有害物質は残っている可能性だってあるわけです。したがって、iQOS(アイコス)の副流煙にはなにかしら健康への悪影響を及ぼす可能性があると考えて良いと言えるのです。

つまり、iQOS(アイコス)の副流煙は赤ちゃんの健康を脅かす可能性もあり得るということです。iQOS(アイコス)であれば無害、と勘違いをされている方が多いようですが、iQOS(アイコス)だからといって赤ちゃんへ無害だということは保証されていません。iQOS(アイコス)を吸う際は周りへの配慮を忘れないようにしましょう。

-iQOS(アイコス)

Copyright© I-SELVES , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.